HOKKAIDO BRANDING SUMMIT.2018

開催レポート

2018年6月13日(水)

横線

「ブランディングという目には見えないものを、どのように経営に役立てることができるのか。」

 

北は北海道から南は沖縄まで、様々な分野でブランディングを実践している企業が集まり、100名を超える参加者を迎え、具体的な事例を交えながらのトークセッションやアプリを使用した参加型ワークショップなどを行い、ブランディングを実践しているからこそ伝えられる「創造」と「革新」をお伝えしました。

 

当日は小雨の降るあいにくの天気の中、ご参加いただきました皆様に心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

<出演>

■PMC株式会社 代表取締役会長兼CEO 中野 善夫 氏(札幌)

■株式会社上間フードアンドライフ 代表取締役 上間 喜壽 氏(沖縄)

 

2018年度HOKKAIDO BRANDING SUMMITはPMC株式会社の中野会長の基調講演からスタート。成果のある経営に必要な下記の2点を中心にお話いただきました。

 

1:マーケティング機能の確立

売れる仕組=顧客を創造する仕組みを作ること

 

2:行動変容を厭わない組織文化の確立

目まぐるしく起こる市場の変化に対応し続けるため、が現状維持ではなく、継続的に改善していける組織を作ること

続く上間フードアンドライフの上間社長からは、経営戦略についてのお話をしていただきました。

 

経営戦略とは「やるべきこと=ミッションを明確にすること」であり、"何をやって何をやらないか"を判断し”自社のあるべき姿が何なのか”を把握・共有することの重要性を語っていただきました。

 

 

 

 

<出演>

■株式会社本間松藏商店 専務取締役

 本間 浩規 氏(倶知安)

■株式会社ケーエス 代表取締役

 坂本 将一 氏(苫小牧)

■株式会社久恵比寿 代表取締役社長

 畑中 稔 氏(苫小牧)

 

第2部では、自社のあるべき姿を見つめ直し、ブランドという見えない武器を手にした様々なジャンルの経営者様から「アイデンティティとは何か」について、それぞれの事例を交えながらトークをしていただきました。

 

3社に共通して言えるのは、自社の存在意義やあるべき姿をブランディングによって明確化(明文化)しているということ。小手先で外面を整えるのではなく、「ブランドアイデンティティ」というブレることのない軸が通った経営戦略を社員・スタッフと共有することで、強い組織になっているということでした。

 

 

 

 

<出演>

■株式会社DONGURI 代表取締役

 ミナベトモミ 氏(東京)

■プラスディーアンドシー合同会社

 代表職務執行者社長

 上田 聰司 氏(名古屋)

■株式会社ウィン 代表取締役

 勝山ヒロシ(札幌)

 

第3部のワークショップでは、アプリを使用しながら会場の皆さんから経営に関する質問を募集し大枠で分類。質問が多いものについて登壇者3名でトークセッションをしていくというスタイルで進行しました。

「商品が売れない時代にどうすれば物が売れるのか。」

「社員の士気向上・採用にもつながる魅力的な組織をつくるにはどうすればいいのか」といった質問に、デザインが果たす役割、企業の経営戦略、ブランディングの視点からお答えさせていただきました。

サミット終了後には、登壇者と参加者の皆様の交流の場として、懇親会を開催いたしました。

様々な職種の方々との交流やブランディングをした商品の試食などもあり、懇親会は盛り上がりを見せました。

ご参加いただいた皆様からいただきましたアンケートの内容の一部をご紹介させていただきます。

 

<アンケート結果(一部)>

 

●全てのプログラムが非常に興味深く、ワクワクしながらきくことができました。

 

●今後どの業界においても生き残るには「ブランディング」「理念」「差別化」は必要なので、もっともっと多くの人に知ってもらう必要がありますね。2回目も期待します。

 

●今後も魅力的な会社の事例紹介を聞いてみたい。生の経営者の声は刺激的です。

 

●話を聞くだけのスタイルではなかったので、あっという間に時間がたった気がします。

 

●実例を聞けたので、ブランディングの入り口が身近に感じられてよかった。

 

●とても素晴らしく気づき多きイベントでした。ぜひ継続的な開催を希望します!

 

嬉しいお言葉、改善へのご意見・ご要望など様々なお声をいただきました。

いただいたご意見をしっかりと本年度の開催に生かして参ります。

 

HOKKAIDO BRANDING SUMMIT.2019も是非ご期待ください!

 

<出演者>

■株式会社上間フードアンドライフ

 代表取締役 上間 喜壽 氏

■PMC株式会社 代表取締役会長 兼 CEO

 中野 善夫 氏

■株式会社本間松藏商店 専務取締役

 本間 浩規 氏

■株式会社ケーエス 代表取締役

 坂本 将一 氏

■株式会社久恵比寿 代表取締役社長

 畑中 稔 氏

■株式会社DONGURI 代表取締役

 ミナベトモミ 氏

■プラスディーアンドシー合同会社

 代表職務執行者社長 上田 聰司 氏

 

<後援>

■北海道新聞社

facebookへのリンク

株式会社ウィン

〒060-0062 札幌市中央区南2条西1丁目1-2 21きのしたビル7階

TEL : 011-231-6543 FAX : 011-231-6545

© 2019 WIN inc.

facebookへのリンク
facebookへのリンク

HOKKAIDO BRANDING SUMMIT.2018

開催レポート

2018年6月13日(水)

横線

「ブランディングという目には見えないものを、どのように経営に役立てることができるのか。」

 

北は北海道から南は沖縄まで、様々な分野でブランディングを実践している企業が集まり、100名を超える参加者を迎え、具体的な事例を交えながらのトークセッションやアプリを使用した参加型ワークショップなどを行い、ブランディングを実践しているからこそ伝えられる「創造」と「革新」をお伝えしました。

 

当日は小雨の降るあいにくの天気の中、ご参加いただきました皆様に心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

<出演>

■PMC株式会社 代表取締役会長兼CEO

中野 善夫 氏(札幌)

■株式会社上間フードアンドライフ

代表取締役 上間 喜壽 氏(沖縄)

 

2018年度HOKKAIDO BRANDING SUMMITはPMC株式会社の中野会長の基調講演からスタート。

成果のある経営に必要な下記の2点を中心にお話いただきました。

 

1:マーケティング機能の確立

売れる仕組=顧客を創造する仕組みを作ること

 

2:行動変容を厭わない組織文化の確立

目まぐるしく起こる市場の変化に対応し続けるため、が現状維持ではなく、継続的に改善していける組織を作ること

続く上間フードアンドライフの上間社長からは、経営戦略についてのお話をしていただきました。

 

経営戦略とは「やるべきこと=ミッションを明確にすること」であり、"何をやって何をやらないか"を判断し”自社のあるべき姿が何なのか”を把握・共有することの重要性を語っていただきました。

 

 

 

 

<出演>

■株式会社本間松藏商店 専務取締役

 本間 浩規 氏(倶知安)

■株式会社ケーエス 代表取締役

 坂本 将一 氏(苫小牧)

■株式会社久恵比寿 代表取締役社長

 畑中 稔 氏(苫小牧)

 

第2部では、自社のあるべき姿を見つめ直し、ブランドという見えない武器を手にした様々なジャンルの経営者様から「アイデンティティとは何か」について、それぞれの事例を交えながらトークをしていただきました。

 

3社に共通して言えるのは、自社の存在意義やあるべき姿をブランディングによって明確化(明文化)しているということ。小手先で外面を整えるのではなく、「ブランドアイデンティティ」というブレることのない軸が通った経営戦略を社員・スタッフと共有することで、強い組織になっているということでした。

 

 

 

 

<出演>

■株式会社DONGURI 代表取締役

 ミナベトモミ 氏(東京)

■プラスディーアンドシー合同会社

 代表職務執行者社長

 上田 聰司 氏(名古屋)

■株式会社ウィン 代表取締役

 勝山ヒロシ(札幌)

 

第3部のワークショップでは、アプリを使用しながら会場の皆さんから経営に関する質問を募集し大枠で分類。質問が多いものについて登壇者3名でトークセッションをしていくというスタイルで進行しました。

「商品が売れない時代にどうすれば物が売れるのか。」

「社員の士気向上・採用にもつながる魅力的な組織をつくるにはどうすればいいのか」といった質問に、デザインが果たす役割、企業の経営戦略、ブランディングの視点からお答えさせていただきました。

サミット終了後には、登壇者と参加者の皆様の交流の場として、懇親会を開催いたしました。

様々な職種の方々との交流やブランディングをした商品の試食などもあり、懇親会は盛り上がりを見せました。

ご参加いただいた皆様からいただきましたアンケートの内容の一部をご紹介させていただきます。

 

<アンケート結果(一部)>

 

●全てのプログラムが非常に興味深く、ワクワクしながらきくことができました。

 

●今後どの業界においても生き残るには「ブランディング」「理念」「差別化」は必要なので、もっともっと多くの人に知ってもらう必要がありますね。2回目も期待します。

 

●今後も魅力的な会社の事例紹介を聞いてみたい。生の経営者の声は刺激的です。

 

●話を聞くだけのスタイルではなかったので、あっという間に時間がたった気がします。

 

●実例を聞けたので、ブランディングの入り口が身近に感じられてよかった。

 

●とても素晴らしく気づき多きイベントでした。ぜひ継続的な開催を希望します!

 

嬉しいお言葉、改善へのご意見・ご要望など様々なお声をいただきました。

いただいたご意見をしっかりと本年度の開催に生かして参ります。

 

HOKKAIDO BRANDING SUMMIT.2019も是非ご期待ください!

 

<出演者>

■株式会社上間フードアンドライフ

 代表取締役 上間 喜壽 氏

■PMC株式会社 代表取締役会長 兼 CEO

 中野 善夫 氏

■株式会社本間松藏商店 専務取締役

 本間 浩規 氏

■株式会社ケーエス 代表取締役

 坂本 将一 氏

■株式会社久恵比寿 代表取締役社長

 畑中 稔 氏

■株式会社DONGURI 代表取締役

 ミナベトモミ 氏

■プラスディーアンドシー合同会社

 代表職務執行者社長 上田 聰司 氏

 

<後援>

■北海道新聞社

 

 

  •